最近連絡がなかった友人に遠隔ヒーリングしたら、元気そうな声で電話がきました。

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

【はじめてのヒーリング講座】で遠隔ヒーリングを習得された方からのご報告です。

最近連絡がなかった友人の抜き球をして、イガイガしていた玉を丸く柔らかくして返してみたら、しばらくして元気そうな声で電話がきました。

面白いですね。

抜き球とは、人や物の情報を球に見立てて手にとり、チェックしたりヒーリングする基本技術です。

先入観なく気の球にして取ると、相手の情報が触覚的に感じられます(イガイガなど)。

その気の球に気を送ると、温かくなったり、丸く柔らかくなったりする変化が感じられます。

すると、実際の相手にも変化が起こります。

それが、気の球を使った遠隔ヒーリングのやり方です。

ただ、音信不通の方とコンタクトを取る場合、その方が自らの意志で行方をくらませていると、気の球として情報が取りにくかったり、変化しにくかったりします。

その場合は、根気強く期間をかけてやってみましょう。

現在、試されている方がいますので、報告があれば、またこちらでもアップします。

【はじめてのヒーリング講座】では、様々な目的に対応した遠隔ヒーリングの手ほどきもしています。

講座中に、私からも遠隔ヒーリングを送って、その場で体感していただいたりしながら進めるので、できている実感をつかむことができますよ。

渡辺高史

この記事の関連記事


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

特定商取引法に基づく表記