人生を変える直感力を手に入れるには?

●本当にしたいことや、本音を抑えて、我慢しながら生きていませんか?

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

過去3000名以上の方の相談に乗ってきましたが、ほとんどの人が、自分自身の本音に気がついていません。

人の悩みの本質は、自分の「本当の本音」で生きられていないことであることが、ほとんどです。

本音を抑えて我慢することで、心の調子がくずれてしまっているんです。

しかも、自分の本音に気がついていないことにも、気がつけていないこともあります。

身体の不調の理由の大半も、自分の心と身体の本音を無視し続けているのが原因です

たとえば、本来身体は、必要なものを食べたくなる直感や、おいしく食べられるようなセンサーを持っています。

それでも、身体によくないものを食べ続けてしまったり、食欲がコントロールできないのは、本来体が欲している「コレを食べるといい」という微妙な直感が、鈍ってしまっているのです。

その直感やセンサーが機能しなくなっている理由は、2つあります。

1つは、親に言われたから、テレビでそういっているから、という知識偏重な理由で食べてしまうからです。

知識はもちろん重要です。

しかし、偏っていることを知らされないまま、「商業的な売り込み」や「教育的な押し付け」に乗せられてしまっていることが多いのです。

たとえば、砂糖や加工食品は、ホルモンバランスや血糖値を不安定にさせますし、中毒性があります。

それを知らせずに、「身体によい」「おいしい」と宣伝するのですから、まさに洗脳です。

もう1つは、食べると気持ちよくなる、という「動物的な反応」に振り回され、中毒状態になっているからです。

単に心地よさに耽溺し、嫌なものを避ける習慣がついてしまっているのです。

そこから抜け出すには、自分の本能的な反応と、他人からの影響を見抜いて、それに振り回されない知性を持つことです。

もう一歩踏み込んでいえば、自分で「どうなりたいのか?」を選んで決めることです。

他人がどういうとかを、無視することです。

言い方はともかく、問題は2つです。

他人や、自分の動物的本能や情動(心地よさ、心地悪さ)の言いなりになって振り回される度合いが増えている。

そして、その逆に、自分でどうするかを選んで決める能力と、考えて冷静に情報を分析する能力が衰えているのです。

また、日本の教育では、じっと姿勢を保つことがよいことだ、と教えられます。身体の本音を無視して。

しかし、そうやって身体を固めてしまうと、実は、自分で柔軟に考えることができなくなり、頭が悪くなります。

でも、そんなカラクリがあることは、誰にも教わらなかったですよね?

身体を固めるように指導することで、言うことを聞かせやすくなるからです。軍隊の訓練と一緒です。

しかし、その反動で、体が固まり、自分の本音も分からなくなり、直感センサーも衰え、悩みの出口が見つけられなくなります。

さらには、「私はコレがしたい!」という夢や願望を持つことすらできない脳と身体にさせられてしまうのです。

もしくは、夢や願望があって、その実現の方法もあるのに、それにアクセスできなくなっている。

そういったカラクリを知らないまま、すごく悩んでおられる方からの相談が後を絶ちません。

あなたのあらゆる可能性を封じ込められてしまっているのです。

自分の本音が感じられなくなっている。

知識さえあれば、いくらでも自由にやれるのに、知識に触れられないようになっている。

あれをやっていはいけないと学校で教えられ、こうするべきだと家庭や地域で仕込まれる。

そんな「封じ込み」なんて、ウソの人生なのに。

あなたは、どんな「してはいけない」「これをしなさい」「これを知ってはいけない」「これを忘れるべきだ」に支配されていますか?

丁寧な方法で、時間をかければ、その「ウソの人生」「苦しい人生」「はめられている人生」から抜け出すことはできます。

しかし、そんな枠に支配されている方に限って、体調が悪すぎたり、経済的な困難を抱えていて、十分な助けを求められないことがあります。

僕自身が、15年近く、まさにそういったことで悩んできましたから、全く人事とは思えないでいます。

話を元に戻します。

身体を固めて、自分の考えも持たずに、学校の先生の言うことを聞く。周りの人に合わせる。テレビや雑誌の流行に乗る。

そんなことをしてたら、心身の調子が崩れて、悩みが増えて、願望も叶わず、自分のしたいことも分からなくなるのは、当然です。

「いや、私は、望みどおりになっているよ」と思うのであれば、別に誰かの欲望のコピーマシーンになっていようと、別にいいでしょう。

奴隷のように他人に仕掛けられた欲望の人生を生きていても、「これ、カッコいいでしょう?」と喜んでいられるなら、それもいいでしょう。

「自分で決める、なんてストレスの掛かることをするくらいなら、他人が決めた「心地よさ」に乗っかって、味わっているほうがいい」と思うのであれば、それも別にいいでしょう。

自由です。

でも、この文章を読んでいる方は、その外に出たい気持ちがあるのに、気がついていることと思います。

その外に出ることこそが、本当の自由であり、本当の意味での、悩みからの解放だ、と気づいている部分があるはずです。

もし、その外の世界に出たいのであれば、私たちの身体が、いつも発してくれている本音(直感センサー)の感度を、正常に戻す必要があるのです。

そのためには、まず身体が緊張していたことに気がつくこと。緊張させられていたことに気がつくこと。

自分の本能や直感が、ゆがむようになる「裏側のカラクリ・仕掛け」を知ること。

そして、リラックスするコツを身につけて、馴染んでいくこと。

「身体の緊張」を解きほぐすことが、あなた本来の知性と直感を取り戻す始まりです。

身体をリラックスさせるコツが身につくと、自分の頭と個性で、物事を考えて、判断して、選んでいくスタートラインに、ようやく立てます。

自分が、実は、すごく窮屈で心地悪い生き方、身体の使い方、考え方をさせられていたことに気づけます。

ヒーリングでそんな働きかけをすると、はじめは、その心地悪さに驚いて、かえって悪化したように感じる人も少なくありません。

でも、それは、麻痺していた感覚が戻ってきて、本来感じるべき違和感を感じられるようになっているのです。

それはあたかも、正座して脚が痺れきってしまうと痺れがよく分からず、脚を崩してしばらくすると、痺れと痛みが戻って、その後に痺れがなくなることに似ています。

僕が個人セッションで、身体を丁寧にリラックスさせるコツをお教えするのは、そういうカラクリに気づいてもらう、という理由と目的があります。

実際に、麻痺→痛み→正常という段階を遡っていけるように。

そして、自分が苦しむことになった「背景」を知ることです。

教育やマスコミや流行や、親や周囲の人や、地域の価値観の【枠】に、「むりやり押し込められていた」「うまいこと、乗せられていた」。

進化の段階で得てきた【動物的な本能】に、頼りすぎる習慣を身につけてしまっていた。

だから、自分で判断もできず、選ぶこともできなかったし、どうしたらいいかも分からなかった、ということを、まず知ることです。

それは、何かしら感情的に反応することではありません。

異議を唱えるとか、文句を言うとかではなく、ただ知ることです。

これまで、自分で判断していたのではなかった、と知ることです。

映画マトリックスで言えば、主人公のネオ(キアヌ・リーブス)が、最初に飲んだ「レッド・ピル(赤い錠剤)」です。

その「カラクリ」を知っているあなたは、その影響から抜け始めています。

たとえ、あなたの中に、まだその影響から抜け切れない「過去のあなた」が残っていたとしても。

ただ、その枠は、【洗脳】と言ってもいいくらいに強烈なものです。

進化の負の束縛、と言ってもいいくらい、【本能的】なものでもあります。

その【洗脳】や【本能】の枠から出ようとすると、あなたの変化を食い止めようとする働きが起こってきます。

洗脳や本能が外れないようにする「仕掛け」が何重にも、仕掛けられています。

あなたの感情にも思考にも、身体にも、人間関係にも、変化を止めようとする働きが現われてきます。

あなた自身はネガティブな感情に包まれ、自己否定の言葉が思い浮かび、体調が悪くなり、人には誤解・非難・無視などをされる、ということです。

長らく悩んでいる方なら、このことが、ご自分の体験として分かるのではないでしょうか?

変わろうとする時に限って、嫌なことが起こる。

ということは、逆を言えば、いやなことが起こっているときは、さらに先に進むチャンスなんですよね。

なぜなら、現状の洗脳や本能の枠の中にいては問題が解決しない、ということが自明なのですから。

でも、僕のクラエントさんに限らず、ヒーリングやカウンセリングを受ける人は、いざ、後もう一歩で乗り越えられる!、変われる!という時に、怖くなってやめてしまう方がいます。

それ以前に、申し込みの段階で、「申し込んだけれど、やっぱりやめた」という方も時々います。

しかし、それは、あなたの本質がおかしいのではありません。

そうなるように、長時間かけて、現状を維持するように仕掛けられてしまっている、慣れ親しんでしまっているからなのです。

動物的な進化の面(本能)でも、人間的な文化の面(洗脳)でも。

「自分は、何度も同じ悩みを繰り返しているから、一生変われないのではないか?」とか、

「周りの人が許してくれない、認めてくれないから、自分はやりたいことができない」

というのは、典型的に仕掛けられている証拠です。

だから、まずは、そう仕掛けられている、ということを知ることなのです。

こういった知識も得ながら、身体をゆるめ、考え方や心の枠を外すと、直感センサーも元通りになってきます。

そうすれば、問題や悩みを解決する方法が分かるようになるだけでなく、今後自然に起こらないようになってきます

もちろん、願望も達成しやすくなります。

・今、自分はどんな状態で、どんな地点にいるのか?

・自分が本当はどうしたいのか?どこに向かいたいのか?

・その『どうしたい』をかなえるためには、何が必要なのか?今の私にできる一歩は何なのか?

この3つが、その場その場で臨機応変に分かるようになってくるからです。

しかし、日本という社会(特に田舎)では、本音を出したり、コレまでと違うことをしようとすると、出る杭として打たれてしまいます。

だから、本音や直感を抑えこんで使えなくなってしまっているのです。

それは、たくさん体験してきたこととして、あなたも実感できませんか?

でも、身体をゆるめ、自分でちゃんと考えられるようになり、自分の本音や直感のセンサーをもう一度研ぎ澄ませるようになることはできます。

そして、この日本の中で、日本の価値観の外に出るのです。

人間としていきながら、人間の枠の外に出るのです。

魚類が海の外に出て、両生類、爬虫類へと進化してきたように。

本音を我慢せずに生きても、他人とつながり、願望を達成していけるようにもなれます。

自分だけでなく、周りと一緒に成長し、幸せになっていくという、大きな願望を。

その世界観を共有できない人は、まずは放っておきましょう。

真の解放は、自分で選び続ける決意がない限り、誰にも強制はできないのです。

この地球上にだって、人類以外の哺乳類や爬虫類として生きることを選んでいる生物もいるのですから。^^

何を選ぶかは、優劣ではありませんし、かわいそうとか幸せ、ということでもありません。

自由であり、選択です。

まず第一歩として、自分の身体の声を聞くコツを身につけましょう!

それは、すごく簡単な方法なので、知識として覚えようとしなくても、身体で自然に覚えることができます。

ただ、我慢し続けてきた方や、周りに合わせすぎてきた方は、少し時間が掛かる場合もあります。

しかし、そもそも誰しもが生まれつき持っている能力なので、誰にでも身につけることができます。

身につける、というよりも、思い出して、ただ使いこなしていくだけなのですから。

まあ、本気じゃない人にとっては、大変かもしれませんが、本気の人にとっては、とても楽しいプロセスになるでしょうね。

本来の身体の状態が取り戻せれば、自分が幸せになり、そして、周りも巻き込んで幸せになる選択ができるようになっていきます。

あなたが、「そうしたい!」と強く思い、選び続ける限りは。

あなた自身が、その選択になってくださいね。

そしてもう1つ。

単に、身体の声を聞いたり、直感や感性で生きるだけではなく、論理的に考えられる頭脳を取り戻す必要があります。

それも、同時に行っていくことですが、話が長くなってきましたので、今日のところは、お勧め書籍をご紹介しておきましょう。

上下2巻で、ページ数もかなり多いですが、一般向けの書籍ですので、非常に読みやすく、そして、面白いです。

直感や感情に従うことのメリットとデメリット、論理的思考のメリットとデメリットについて、分かりやすい研究報告と解説がしてあります。

伝統的な価値観や生き方、もしくはスピリチュアルなヒーリングに嵌り込んで、かえって苦しくなっている方にも、ぜひ読んでいただきたい本です。

あなたが、喜びと解放感に満ちた人生を満喫できるように、心から応援しています。

渡辺高史

この記事の関連記事


    コメントをどうぞ

    メールアドレス (必須・公開されません)
    コメント本文

    • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

    特定商取引法に基づく表記