空手稽古で、人を引き込む指導力を身につけるには?

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

【対面の個人セッション】を受けられたTさんからのご報告です。

空手稽古での変化の様子を、臨場感たっぷりにご報告いただきました。

10日土曜日に個人セッションを受講させていただいたTです。非常に楽しい時間を過ごさせて頂きました、ありがとうございます。

道場の先生が他の支部へ指導に行くため、私が代稽古を勤める時間に周りを巻き込む設定も含めて行っていただいた件に関してご報告いたします。

セッションからの帰り電車の中で、話す内容を頭の中でまとめていたのですが、気が散ることも眠気に襲われることもなく、いつもより集中することができました。

その時は気づきませんでしたが、今思えばその時から効果が始まっていたのかもしれません。

一番わかりやすかったのは、いつもより自信有りげに朗々と喋っていたことです。

途中で言葉を噛んだり、どもったりすることもなく、流暢さに磨きがかかっていたようでした。

解説を多く交えて口数多めの指導をするタイプなので、喉がガラガラしやすいのですが、それもほとんど無く非常にやりやすかったです。

そんなふうに自分がいつもよりノっていたせいか、或いはヒーリングの効果か、皆の話への食いつき具合や反応がいつもより明らかに良いのです。

そのため、こちらからも積極的に、わからないところは無いか聞いて回っていましたし、普段そんなに話をしない方ともよく喋ることができました。

そこまでなら良かったのですが、ちょっと予想外の事態が。

毎年12月下旬に普段あまり来ない人や遠方の人も集まって忘年会があるのですが、その前に必ず組手を行うので、この時期みんな張り切っているのです。

ノリよく指導していたせいか、序盤から気持ちが戦闘モードへ移行する人が多く、より実践的な練習をしたい雰囲気が広がってしまいまして。練習メニューを少し変更することにしたのです。

ちょっと効きすぎたか!?などと考えてしまいました(笑)。それだけ自分がハイテンションだったということでしょう。

少し予定と外れましたが、いつになく活気のある代稽古ができたことは事実です。

そして聴衆を引き込んで気持ちよく語る体験もできたので、今後のイメージにより高い臨場感を持たせる下地もできました。是非今後に活用したいと思います。

特別な設定を組んでいただいたことも含めて、ヒーリングありがとうございました。

Tさんの対面セッションでは、気の感じ方、場の支配の仕方、身体意識の使い方などを、実践的にお伝えしました。

武術や運動をされている方や、人を指導する立場にある方は、元々「気」を感じ取る能力が優れているので、すぐに変化・効果を感じていただくことが多いですね。

・潜在能力を120%引き出す脳と身体の使い方を学びたい!
・生徒や周囲の人に、よい影響を与えられる存在感でありたい!

そんな方にも、スカイプか対面でのセッションはお勧めできます。

コースに迷われたら、こちらからお気軽にご相談くださいね。

渡辺高史

この記事の関連記事


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

特定商取引法に基づく表記