12時から7時半まで集中してピアノの練習ができました。肩や目の疲れがないように思います。

あなたの夢をかなえるヒーラー:渡辺高史です。

【遠隔ヒーリング】を受けられた30代女性(ピアノ講師・ヒーラー)の方からのフィードバックです。

12時から7時半まで(途中1時間半くらいは休憩しましたが)、集中してピアノの練習ができました。

かなり集中力が持ちました。

彼女には特に、骨に対して強くヒーリングを施しました。

骨の意識が高まると、意識がシャンとします。ものごとのコツ(骨)がつかめるようにもなります。気の流れもよくなり、元気や集中力が続きやすくなります。

また、身体の使い方が、自然にうまくなるようなヒーリングも組み込みました。

彼女からは、さらに翌日こんなフィードバックも頂きました。

体の調子がいいと集中力が、ちがうんだなと思いました。

昨日は長時間ピアノの練習したにもかかわらず、肩や目の疲れがないように思います。

ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

私は肩や目に対して、特にヒーリングをしたわけではありません。

なのに、なぜ疲れが少なくなったのか?

それは抽象度が高い働きかけをしたからです。

例えば、自動車の仕組みを思い描いてみます。

エンジンをかけたり、方向を変えたりするためには、裏側で何千、何万ものパーツが連動して動いていますよね。

しかし、人がすることは、その全てを自分で理解して動かすことではなく、ただカギを回し、ただハンドルを切ることだけです。

たったそれだけで、数千、数万のパーツが一つの目的のために連動して動きます。

カギを回す動作やハンドルを切るという少ない情報処理で、大きくて複雑な全体に、整合性のある変化をもたらします。

これを【抽象度の高い操作】と言います。

ヒーリングも、それを同じ仕組みで、抽象度の高いところから働きかけます。

抽象度の高いところに働きかけると、細かい部位をいちいちヒーリングせずとも、全体がバランスよく調整されるんです。

そして、一番抽象度の高いのは、あなた自身のゴールです。

病気や不調を治すためではなく、未来のゴールのためにヒーリングを使うと効果は出やすくなります。

彼女のように、やりたいことをやっているだけで、体調もよくなりますよ。

渡辺高史

この記事の関連記事


コメントをどうぞ

メールアドレス (必須・公開されません)
コメント本文

  • 投稿いただいたコメントは、管理者のチェック後掲載しておりますので、即時には反映されません。

特定商取引法に基づく表記